消費者金融 審査

このページでは、審査が早い消費者金融について詳しく書いています。

  • 審査が早くて便利な消費者金融はどこ?
  • すぐにお金を借りたい

など知りたい方の参考にして頂けると嬉しいです!

消費者金融 SMBCモビット
審査が早い消費者金融 SMBCモビットの特徴
  • 10秒で簡易審査結果表示(ネットで24時間OK!)
  • Web完結申込なら電話連絡なし、郵便物なし
  • 土日・祝日でも即日融資可能(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
  • 全国約140,000台(2019年9月現在)の提携ATMから利用可能
金利 実質年率 3.0~18.0%
限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
10秒簡易審査、申し込みからキャッシングまで最短1時間というスピード融資を行っています。

SMBCモビットは他の消費者金融会社で提供しているような一定期間は無利息というサービスがありません。

ただし、Web完結という手続きを利用すれば、職場への電話なし、郵送物もなし、誰にも何も知られたくない人に向いています。

SMBCモビットの審査は、10秒簡易審査と呼ばれる仮審査と本審査の2本立てで行われます。

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら

消費者金融 アイフル
審査が早い消費者金融 アイフルの特徴
  • 事前に融資可能か1秒診断(ネットで24時間OK!)
  • 3ステップで借入できる
  • 誰にも知られずWebで完結
  • はじめてなら最大30日間利息0円
金利 実質年率 3.0~18.0%
限度額 1万円~800万円
審査時間 最短 30分
大手の中でも銀行系ではない、単独経営の消費者金融として有名なアイフル。

最短30分で審査ができるというのがウリです。

審査時間の短さの理由は、インターネットで申し込んでからフリーダイヤルで電話をすると、優先的に審査を受けられます。

即日融資も可能で、こちらも最短1時間というスピード対応。

土日祝日もキャッシングできますが、受付時間は夜9時までなので夜遅くの利用はできません。

アイフルの審査は仮審査と本審査の2段階に分かれています。

申し込むと、電話による本人確認の後に仮審査、そして職場への電話連絡を含む本審査と進み、何の問題もなければ最短30分で審査は通ります。

公式サイトはこちら 詳細ページはこちら

消費者金融 プロミス
審査が早い消費者金融 プロミスの特徴
  • お借入シミュレーション(ネットで24時間OK!)
  • 他のサービスよりも低金利
  • 24時間いつでも10秒で振り込まれる瞬フリ(三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要)
  • 30日間まるごとお利息ゼロ!(メールアドレス登録とWeb明細の登録が必要)
金利 実質年率 4.5~17.8%
限度額 500万円 まで
審査時間 最短 30分
土日祝日でも夜9時までに申し込めば最短1時間の即日融資も可能で、審査の時間も最速で30分のスピードです。

他の消費者金融に比べて金利が低いため、プロミスは少額で短期間のキャッシングに向いていると言えるでしょう。

申し込んでから審査を通過するまでには仮審査と本審査の2段階を経ることになります。

プロミスは銀行系でありながら、銀行よりも気軽にキャッシングできるのが強みです。

公式サイトはこちら

消費者金融 アコム
審査が早い消費者金融 アコムの特徴
  • お借り入れ可能か3秒診断(ネットで24時間OK!)
  • 24時間365日お借入れ可能
  • 初めてなら30日間金利0円サービス
金利 実質年率 3.0~18.0%
限度額 1万円~800万円
審査時間 最短 30分
利用者数と貸付高が業界No.1を誇る、消費者金融の代表格と言えるのがアコムです。

独自のノウハウによる審査スピードには定評があり、審査時間は最短30分、土日祝日の即日融資にも対応しています。

アコムを初めて利用する人は最大30日間、金利はゼロというシステム。

アコムは新規貸付率(新規申込者)も業界トップ。

これが、銀行でのキャッシングよりも人気の理由となっています。

アコムの審査は仮審査と本審査の2本立てです。

同じグループに属する銀行の信用業務も任されていることから審査が遅いイメージですが、豊富なノウハウによってスピーディーな審査が可能となっています。

公式サイトはこちら

消費者金融の審査時間が銀行と比べて早いのは?

審査時間が早い

消費者金融はそもそも、

  • 銀行の融資よりも審査がスムーズ

なのがウリです。

消費者金融は本来、銀行融資のように高額が必要な人をターゲットとしてはいません。

急にまとまったお金が要るようになった人のために、短時間で比較的低額を融資することを目的としています。
銀行の審査よりも早いからといって、消費者金融の審査が甘いというわけではないので誤解しないようにしましょう。

銀行の融資は高額で、その使用先も事業に充てられることが一般的なため、申込者の身元確認の際に警視庁のデータベースまで利用します。

その点、消費者金融でキャッシングする場合は、基本的に市民の生活に基づいた使用先なので、銀行の審査に比べると照会するデータベースが少ないと言えるでしょう。

繰り返しますが、“審査が早い=審査がゆるい”ではありませんので、多くの会社から融資を受けていたり、年収に比べて融資の額が多かったりする場合は審査が通らないこともあるので注意しましょう。

審査時間のまとめ
  • 銀行よりも消費者金融の審査のほうが短時間で済むのですが、基本的な審査事項はどちらも変わりません。

消費者金融で早く借りる方法は?

消費者金融で早く借りる方法は、

  • 6つ程度ありますが、中でも早いのがネット完結で行う方法

です。

ネットを使う方法

ネットを使う

Web申し込み、Web契約とも言われる方法です。

店舗や自動契約機に出向く手間もなく、思い立ったらすぐに申し込める便利なシステムで、大手の消費者金融会社ではこの方法を取り入れています。

最近は、スマートフォンの利用者が増え、家のパソコンだけでなくスマホに専用アプリをインストールして申し込むこともできます。
ネット契約は24時間いつでも申し込むことができるのがメリットですが、審査は24時間対応しているわけではありません。

また、申し込みは便利ですが、キャッシングのためのカードは店舗受け取りか郵送になることに留意しましょう。

自動契約機を使う方法

自動契約機

無人契約機とも呼ばれ、店舗ではなく人のいないブースで機械を自分で操作して申し込む方法です。

無人なのでその場所に人はいませんが、電話でオペレーターと通話できるようになっています。

必要な書類も機械で読み取って送信できるので、あらかじめコピーを用意するような手間もありません。

申し込みから審査、カードの受け取りまですべて完結できるので、非常に便利なシステムと言えるでしょう。

ただし、無人でも営業時間は決まっているので夜中や早朝の利用はできません。

店頭窓口を使う方法

店頭窓口を使う

土日・祝日は対応してもらえず、営業時間もだいたい夕方6時までというのが一般的なのが店頭窓口です。

キャッシングを受けたければ店舗まで出向いていく必要があり、窓口で担当者と話をしなければならないという煩わしさがあります。
また、地域によっては店舗がないためわざわざ近くの店舗を探す手間がかかることも。

しかし、店頭窓口での申し込みがもっとも審査通過までがスムーズなので、店舗の利用をすすめる人もいるようです。  

郵送を使う方法

郵送を使う

誰にも会わずにキャッシングの申し込みをしたいけれど、ネットはイマイチ苦手…という人は、郵送でもOKです。

申し込み用紙を取り寄せたり、審査に必要な書類をコピーしたりといった手間と時間がかかります。
審査が通ったかどうかは電話で連絡してくれるので、その後はキャッシングカードや契約書類が届くのを自宅で待つだけです。

郵送物も消費者金融の名前ではなく、どこの会社かわからない名称を使って送ってくれるようになっています。

電話を使う方法

電話を使う

ネット環境が無い、またはネット環境があっても消費者金融の申し込みをネットでするのは面倒くさいという人もいるでしょう。

大手の消費者金融は通話料無料のフリーコールを設けていますので、電話をしてオペレーターと話をしながら申し込みの手続きを進めることができます。
電話で基本的な情報を伝えると、キャッシングか可能かどうかを調べてくれるわけです。

その後は店舗に出向くか、もしくは郵送してくれる契約書類を作成する流れとなりますが、店頭窓口であればキャッシングカードはその場で受け取れます。

ネット完結で行う方法

ネット完結

ネット契約と似ていますが、こちらはすべてネットで完結できるという方法です。

通常、消費者金融でのキャッシングでは専用のカードの発行が必要ですが、ネット完結の場合は自分名義の銀行口座などに現金を振り込んでもらえます。
とくにモビットの“Web完結”では、職場に電話連絡を行いません。

その分、必要な提出書類は多くなりますが、誰にも見られず、知られずにキャッシングをした人には最良の方法と言えるでしょう。

早い方法はどれ?

早い方法

消費者金融でキャッシングする人は、とにかく“スピード重視”なのではないでしょうか?

そうすると、郵送での申し込みは物理的にどう考えても時間が一番かかると言えるでしょう。

また、店頭窓口や自動契約機(電話も含む)に出向く必要があれるので、他の方法に比べると時間がかかります。

早い方法のまとめ
  • ネット完結が、消費者金融でのキャッシングにおいては、もっとも時間のかからない方法であるといえます。

消費者金融で審査が早い曜日はあるの?

消費者金融の審査で早い曜日は、

  • 曜日よりも時間帯が重要

です。

平日にいい時間帯

平日

審査はデータベースを照会して行われるのが一般的です。

基本的に、どんな会社でもワーキングタイムの決められた時間内に、審査案件が飛び込んでくれば対応してもらえます。

データベースを利用して行う審査といっても人の手を介して行うものなので、締め切り時間ギリギリだったりすると翌日の処理案件に回されることもあります。

平日にキャッシングを申し込んだからと言って、その日のうちに必ずしも審査が行われるわけではないことに留意しましょう。

店頭窓口でもネットでも、営業時間ギリギリに申し込みをすれば翌日の審査に持ち越されるので、即日融資を望む場合には、午前中に申し込むことが必要であると言えるでしょう。

土曜日にいい時間帯

土曜日

消費者金融を利用するメリットは、土曜日でも迅速にキャッシングできるということです。

銀行に比べて審査もスムーズで、とにかく急ぎ!という状況に対応してもらえます。

ただし、消費者金融も店舗は休みなので、ネットで申し込んだ後、自動契約機を利用してキャッシングカードを発行してもらうことになります。

また、審査には基本的に職場への電話連絡がありますので、土曜日は職場も休みという場合には、電話でオペレーターと相談することも必要になるでしょう。

日曜・祝日にいい時間帯

日曜日・祝日

日曜・祝日でもキャッシングできるのが消費者金融の強みですが、当然、審査は避けられません。

消費者金融は基本的に受け付けをした順番に審査をこなしていくので、午前中などできるだけ早い時間に申し込みを済ませておくことが望ましいでしょう。

審査の際にはもちろん、職場への電話連絡も必要となります。
ただし、日曜日・祝日は休みの職場も多いので、申し込みの段階でオペレーターに事情を話すと、翌営業日に行ってくれるところもあります。

または、電話連絡ではなく、保険証のコピーを提出することで対応してくれる場合もあるので、まずは相談してみましょう。

ズバリ、いつが最速?

いつが最速

はっきりと、何曜日の午前、午後などということは正直なところ難しいです。

審査は消費者金融の会社によって微妙に違うこともあるので、一概に“いつ”とは言えません。

結局は、曜日よりも申し込む時間を気にすることが大切となります。
曜日のまとめ
  • どの曜日であっても、審査にかかる時間を考慮して、余裕をもって申し込むことが重要です。

当サイトでオススメの審査が早い消費者金融はここ!

当サイトでオススメ

今回は、審査の早い消費者金融を検証してきました。

いろいろと見てみると、結局は、

  • モビットのWeb完結サービスが、もっとも早くキャッシングの審査ができる

ようです。

Web完結と言っても、申し込みは24時間できるものの、審査を考えると24時間いつでも現金を受け取ることができるわけではありません。

しかし、必要書類さえ揃えていれば、

  • 職場への電話連絡なし
  • キャッシングカードの発行も必要としない

Web完結サービスは、スピードだけでなく、利用者のことを考えると最良のサービスであると言えるでしょう。

一定期間は無利息というサービスはありませんが、ネット上で申し込みからキャッシングまでをすべて行えるモビットが、迅速で便利な消費者金融としてオススメであることに間違いありません!

パソコン環境もしくはスマホを持っている人は、ぜひSMBCモビットのWeb完結でのキャッシングをオススメします。
SMBCモビットはここがオススメ!
  • 10秒で簡易審査結果表示(ネットで24時間OK!)
  • Web完結申込なら電話連絡なし、郵便物なし

公式サイトはこちら